トラックや営業車は別として、個人所有の普通車

事故車両の時は、高い修理代を払っても、事故以前

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、だいたい1万キロというのが相場です。

年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて査定時にもその程度ごとに減点対象となり、これが10万キロともなれば過走行車扱いで査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。 Continue reading »

何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらい

ぼちぼち車を買い換えたくて、今乗っている車の売却を考えていた時

何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、売るときには複数の書類を用意しなければなりません。

一般的な普通自動車の売却に際しては車検証以外に印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券を用意しなくてはなりません。 Continue reading »

通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大雑把

買取のお店に行く暇がなかったとしても、ウェブ

通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大雑把に分類すると車の色や車種などの基本的な事項、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、内装のキズや汚れ、および臭いの有無、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。 Continue reading »

1 2